ideaman-union release200829

お客様の皆様、まだまだ毎日暑いですがいかがお過ごしですか。
当方のお客様もコロナ禍で、精一杯ご努力をなさっているようですが、これだけ長く続く、仕事そのものに対するやる気が徐々に失せてくるようで、気持ちばかりが競ってしまうと言う感じになりますね。

攻めに出よう

昨年もいくつかのお客様から、自社サイトで通販をやりたいのだがというご相談を受けたことがあります。
とはいうものの、販売できる商品がすくないし、テストでやってみたいだけなので、費用はかけたくないというお考えのところが多く、お客様の静的webには、接続できるようなシステムがなく、自作したりもしたのですが、どうしても料金計算や自動返信などに関しては、システムの導入が必要でした。
ところが、現在当社がお客様にお勧めしている、WP(WordPress)という仕組みでは、いともたやすく通販システム(もしくはカートシステム)が作れるのです。このような、或るサービスに特化したプログラム(プラグインといいます)をシステムに付加できるのが、WPのすごく便利なところなのですね。
まあ、勿論簡単に付加はできますが、支払いにクレジットを使用したり、お客様向け管理や、定期的メルマガを発行しようとすると、それなりの手間やクレジット取り扱い会社へのシステム購入費用もかかります。とはいえ、着払いや事前振り込みで販売できる会社であれば、このような通販システムを利用することが可能になるのです。

また、例えば従来は、海外のお客様向けの外国語ページは、別個に同様のレイアウトに外国語を流し込んだページを作成し、国旗のボタンを押して頂くことにより、外国語専用ページにジャンプするという方法を採用していましたが、これも今日では、翻訳サービスををプラグインすれば、ボタンを押すだけで、自動的に外国語に翻訳して、ページに再現してくれるというサービスも生まれています。
(しかしこれは機械翻訳で、意味不明になることも多いため、実際的には外国語の原稿も用意して、流し込むスタイルが、今も多いようです)

このようなサービスは、基本的には無料で提供されているのですが、現在ご利用になっているWPのシステムによっては、うまく設定できない場合もあります。
しかし、WPの基本デザインは、テンプレートと呼ばれており、何時でも比較的自由に全面変更もできるのです(時によっては、まったくデザイン変更がうまくいかなくて、データが壊れてしまうこともありますが)
とはいえ、せっかく訪問して下さったお客様に満足して帰って頂くためのサービスとして、このようなテンプレートをご利用になるのも、このような時期に攻めるためには有益かと思います。



▲プラグイン型の、通販ページ一例

このようなプラグインはいくつもあるのですが、現在お使いのWPで使えるかどうか、相性もありますので、関心ある方は、お問い合わせ下さい。
また、現在のホームページが、WPで作られていない方は、これを機会にwpに変更されませんか。記事や写真はいまご使用中の分をご利用になれば、変更は数万円で可能です。
使用中のホームページが古くなってきた。せっかく作ったのに新規顧客獲得につながっていない。もっとビジネスの可能性を広めたいなど、お考えのお客様は、是非お問い合わせ下さい。

名刺にQRコード

景気があまり良くない時期には、いろいろな方法でお客様を自社に誘導する仕組みが必要です。そこで名刺の出番です。
名刺には今ではメールアドレスや、webアドレスが記入されているのが普通ですが、名刺をもらった方が、どれだけwebアドレスを入力してご覧になるかというと、余程興味がないとわざわざアクセススして頂けません。
そこで、アクセスしてくれれば、めりっとがあると思わせる工夫が必要ですが、それと同時にQRコードなども記載して、アクセスを簡単にすると言うこともお考え下さい。
例えばwebアドレスが面倒でも、QRコードにすれば、お客様はいちいち入力する必要はなくなるので、webアクセスへの抵抗感が、大いに安らぐと思われます。また、チラシやカード、その他にもQRコードはあればそれなりに便利です。面白いのは、QRコードでメールアドレスも書き込めること。
長いメールアドレスや間違えやすいスペリングのドメインなどをご利用の場合には、このようなやり方も面白いでしょう。
ご自身でお作りになれない方は、お申し付け下さい。無料でお届けいたします。

 

関連記事

  1. WordPress早わかり